★『ムスリムはヨーロッパに何を見たか』 part2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数200
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ムスリムはヨーロッパに何を見たか』
    1 欲望の渦巻くヨーロッパ―――オランダはありとあらゆる欲望
    を満たしてくれる麻薬のような国。それゆえ、道を踏み外さないよう自己責任が求められる。
    オランダ社会の中のイスラーム社会―――不道徳なものに対する嫌悪感 ex.不倫
    イスラーム社会では、神が禁じた行為・神が定めた道徳を守ることこそがムスリム / 神が絶対であり超然・不変の存在
    2 「自由意志」に基づくオランダ社会―――個人の自由に委ねられたものとは
    アルコール・ポルノグラフィーをはじめとした性的表現・売春・麻薬・同性愛・安楽死
    →これら全てが、“個人の自由意志の尊重”というリベラリズムのもとに許さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。