学校教育課程論_Z1105

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数562
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』
     教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である。その教育課程を編成する時の国家的基準である学習指導要領の歴史的変遷について、以下順を追って述べる。
    昭和22年、教育基本法及び学校教育法の交付と平行して最初の学習指導要領が制定される。この時点ではこれによる画一的な教育が意図されたのではなく、あくまで手引書扱いに過ぎなかった。「修身・歴史・地理」が「社会科」となり、「家庭」「自由研究」が新設された。なお家庭科は男女共学の理念のもと男子にも課せられた。
    昭和26年、学習指導要領が全面改訂される。小学校の教育課程は9教科から4領域に再編された。領域毎に合科的な授業を行うことが意図された、きわめて柔軟なカリキュラムであった。「自由研究」は「教科以外の活動」に変更され、その活動は児童会・委員会活動・児童集会等であった。児童が学校行事に参加することで、協調性・社会性が培われるとされた。
    しかしこれら経験学習的なカリキ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。