学校教育課程論 試験問題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,775
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    佛教大学 通信教育学部 学校教育課程論Z1105
     最終試験問題 6題についてのまとめ
    1 新学習指導要領に対して、「学力の低下」が議論されている。「学力とは何か」について論じなさい。 2 今回改訂された新学習指導要領で定められた「総合的な学習の時間」のねらいはどんなところにあるのか。論述しなさい。 3 学習指導要領の変遷を見るに、1958年の改訂によって学習要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい 4 学習指導要領の法的拘束力の有無について論じなさい。 5 学習指導要領を定める理由はどんなところにあるのか。そして今回の改訂された新学習指導要領の特徴について各々論じなさい。 6 新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる「指導方法にはどんな工夫がいるだろうか。具体的に論じなさい。
    「学習指導要領の変遷を見るに、1958年(33年)の改訂によって学習要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい。」
    Ⅰ はじめに
    昭和22年以降33年までのカリキュラムは、こどもの経験や生活を教育課程編成の根本原理とする児童中心のスタイルであった。しかし、「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。