教科教育法福祉 試験問題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数470
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教科教育法Z1317
    最終試験問題のまとめ。
    「いちから学び始める高校生という年齢の生徒に「社会福祉の考え方と学び方について」説明しなさい。」
    「高齢者、障害者とのコミュニケーションについて、予測できる問題点と解決方法について述べなさい。」
    「高齢者、障害者と生徒の世代間ギャップを考慮し、家事援助の際に起こりうる問題点をあげ、解決するにはどうしたらよいか述べなさい。」
    「高校生のボランティア活動の意義を述べ、生徒にボランティア活動を促す際の留意点をあげなさい。」
    「「情報の共有」について、その意義と重要性を生徒が理解できるように説明しなさい。」
    「福祉施設の現場で実習することの意義を述べ、実習の事前事後の指導の留意点をあげなさい。」
    「いちから学び始める高校生という年齢の生徒に「社会福祉の考え方と学び方について」説明しなさい。」
    Ⅰ 対象の理解
    変容する社会や福祉の考え方を理解することは容易なものではない。新たに学ぶ生徒は、次世代を担う立場にあり、新しい社会福祉の構築を目指す一員として理解する必要がある。また、思考や認識は生徒個人によって異なることを踏まえ、今後、積み重ねていく知識や技..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。