基礎看護学 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数200
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第2設題
    はじめに生活行動とは人間が成長・発達し、社会生活を調和のとれた状態で営むためになされ、その人らしさを形づくっている行動の総称である。具体的には呼吸する、食べる、排泄する、眠る、移動する、活動をする、清潔を保つ、感情を表現する、信念を守るなどがある。普段これらの行動は習慣化され、無意識に行うことが多い。中西は生活行動が成立するためには第一に、行動を起こす動機付けが存在すること、第二に、身体機能、認知機能、精神機能が健全であること、第三に環境条件が整っていることが要件として必要とあり、これらによって生活行動の自立度が左右すると言う。すなわち、これらのいずれかに問題があれば、生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。