教職課程 第二課題第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数155
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    第Ⅱ章 演習例題(2)
    学習指導要領の法的拘束力と専門職としての教師の自由について論述せよ。
     学習指導要領は1945年(第二次世界大戦で日本が敗戦した)以降に、議会において審議、採択された法律として成立した。教育に関する法律によってその法的拘束力を持つものと解釈されている。わが国の義務教育学校での教育課程は学校教育法により定められた学校で行われ、文部科学省の学習指導要領に基づいて計画されていなければならない原則がある。学習指導要領では「各学校においては、法令及びこの章以下に示すところに従い、児童(生徒)の人間としての調和のとれた育成を目指し、地域や学校の実態及び児童(生徒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。