老年看護 第2課題第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数150
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
    日本の公的介護保険制度では、要介護者がどの程度介護を必要としているのかを審査し、全部で6段階に分類するという介護認定が行われている。最も軽度の要介護者が要支援であり、その次が要介護1である。重度になるに従い数字が大きくなり、最も重度の要介護者が要介護5に分類される。対象者は65歳以上で介護を必要とする人や日常生活で支援が必要な人、40歳以上65歳未満で初老期の認知症や脳血管疾患など、老化に伴う病気(16種類の特定疾病)によって日常生活の介護や支援が必要な人が要介護認定申請の対象となる。申請方法は介護保険のサービスを利用する本人又はその家族が、市町村へ申請する方法や地域包括支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。