刑事訴訟法候補問題解答案2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数428
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑事訴訟法 候補問題解答案②
                     ~逮捕・勾留~
    本問では、被疑者が任意同行後事情聴取を受け、6時間経過した後通常逮捕され、その23時間後に検察官送致及び勾留請求がなされている。
     任意同行の時点で、緊急逮捕(刑訴法210条)の要件、つまり、嫌疑の充分性、逮捕の緊急性、犯罪の重大性が認められる。つまり、犯罪が窃盗罪である点、手配人物と酷似している点、被疑者が検問を突破し逃げ出している点を考慮して上記3つの要件が満たされていると考えられる。
     したがって、本問では緊急逮捕をするべきだったにもかかわらず、それをせずに任意同行を求めたことは令状主義に反するので違法であり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。