刑事訴訟法候補問題解答案1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数358
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑事訴訟法 候補問題解答案①
                     ~任意捜査~
    (1)Xに対する取調べの適法性
     本問では、Xが平成9年11月10日から17日まで参考人として、18日からは被疑者として取調べを受けている。
    具体的には、Xは連日午前9時から午後10時まで取調べられ、最初の2日は乙山病院に宿泊し、その次の2日は警察官宿舎の婦警用の空室に宿泊し、その後はビジネスホテルに宿泊している。その間、Xは常時監視下に置かれていた。
     かかる捜査は刑事訴訟法197条第1項及び223条第1項に基づいて行われており、任意捜査である。そこで、任意捜査の一環として、Xに対して行われた連泊を伴った取調べは許..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。