裁判員制度についての感想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,634
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    裁判員制度についての感想
                                       
     裁判員制度とは、一般市民の社会常識を裁判に反映させるために、一定の重大事件について国民に刑事裁判への参加を義務付けるものである。しかし、裁判員制度にはいくつかの問題点が存在する。
     第一に、刑事事件における事実認定の困難さである。裁判では、膨大な証拠について検討し、どのような事件であったか、有罪にするべきか無罪にするべきか、といったことを判断していくことになる。つまり、裁判員は供述調書に目を通したり被告人や証人への尋問を聞いたりするのだが、裁判員の多くは裁判に慣れておらず、ましてや3日という短い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。