会社法一問一答組織編4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    会社法 一問一答 組織編4
    【取締役】
    【取締役会が義務付けられる制度設計は? 強制の理由】
    会327 所有と経営の分離 株主は会社経営できない 物理的・能力的に。
    【取会設置非設置で機関構成・権限配分の違いを説明】
    取締役会設置会社
    取締役会が業務執行の決定(会362) → 各取締役が執行
    →取締役の業務執行の監督
    監査役の設置強制 取締役会の監督だけでは不十分
    非設置会社
    2人以上:取締役過半数で業務執行の決定(会348②)
    監査役任意 → 株主流動的でない 自分で監督できるはず。
    【取締役の任期・員数・選解任の要件】
    任期
    公開会社2年、短縮できる
    取締役会設置会社以外の会社は10年まで伸長できる
    員数
    取会会社:3人以上
    以  外:1人から
    選解任方法:会341 決議要件普通と少し異なる
          会342より累積投票も請求できる。
    【終任事由】
    任期満了(会332)
     ただ、非公開会社から公開会社となる場合は、定款変更の効力発生時、満了。
    辞任(民651①)
     ただ、欠員発生時、新任の取締役が就職するまで、引き続き権利義務を免れない。
    解任(会339、341、347①)
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。