85回薬剤師国家試験問122

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数362
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    85回問122
    次の薬理作用と薬物受容体・情報伝達系の対応について、正しいものの組合せはどれか。
    薬理作用 薬物受容体・情報伝達系 a
    ドパミン塩酸塩の強心作用
    アドレナリンβ1受容体刺激によるGsタンパク質の活性化 b
    クロニジン塩酸塩の降圧作用
    アドレナリンα2受容体遮断によるGiタンパク質の不活性化 c
    ブチルスコポラミン臭化物の鎮痙作用 ムスカリンM3受容体遮断による Gqタンパク質の活性化の阻害 d
    ブロモクリプチンメシル酸塩の 抗パーキンソン作用 ドパミンD2受容体刺激によるGiタンパク質の活性化 e
    バクロフェンの中枢性筋弛緩作用 GABAA受容体刺激によるCl-チャネル開口
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。