clever1106さんの資料 / タグ / アドレナリン

資料:13件

  • 93回薬剤師国家試験問136
  • 93回問136 呼吸器系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 ドキサプラムは、末梢性化学受容器に作用し、呼吸を促進する。 ブロムヘキシンは、気道粘膜において腺細胞からの分泌を促進させ、痰の粘性を低下させて去痰作用を示す。 プロカテロールは、長時..
  • 全体公開 2009/06/18
  • 閲覧(874)
  • 93回薬剤師国家試験問135
  • 93回問135 麻酔した動物の血圧測定実験に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 アドレナリンを静脈内注射すると、血圧は一過性の上昇ののち、投与前の値より低くなった。この血圧の低下は、アドレナリンの代謝産物がアドレナリンβ1受容体に作用したためである。 フェ..
  • 全体公開 2009/06/08
  • 閲覧(1,707)
  • 93回薬剤師国家試験問132
  • 93回問132 心不全治療薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 リシノプリルは、心不全状態におけるレニン-アンギオテンシン系の亢進を抑制する。 フロセミドは、循環血流量を減少させ、心不全状態における前負荷の増大を軽減する。 ジギトキシンは、心筋収縮力を増大..
  • 全体公開 2009/06/08
  • 閲覧(874)
  • 93回薬剤師国家試験問128
  • 93回問128 次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 メチルフェニデートは、アンフェタミン様の中枢興奮作用をもち、ナルコレプシーに用いられる。 ベタヒスチンは、アドレナリンβ受容体を遮断して内耳の微小循環を改善し、メニエール病に伴うめまいを抑制する。 ファスジル..
  • 全体公開 2009/06/01
  • 閲覧(830)
  • 93回薬剤師国家試験問124
  • 93回問124 末梢神経系とその効果器に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 リドカインの局所麻酔作用は、適用された部位のpHにより影響され、酸性部位ではその効力が減弱する。 コカインは、Na+チャネル遮断に加え、ノルアドレナリンの血管収縮作用を抑..
  • 全体公開 2009/05/31
  • 閲覧(1,233)
  • 94回薬剤師国家試験問125
  • 94回問125  パーキンソン病治療薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 カルビドパは、芳香族L-アミノ酸デカルボキシラーゼを阻害し、内服したレボドパの脳内移行量を増加させる。 ドロキシドパは、パーキンソン病における振戦と筋強剛を改善するが、無動症とすくみ足..
  • 全体公開 2009/05/31
  • 閲覧(1,196)
  • 94回薬剤師国家試験問126
  • 94回問126  抗うつ薬及び抗そう薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 クロミプラミンは、抗コリン作用の弱い抗うつ薬である。 ミアンセリンは、シナプス前アドレナリンα2受容体遮断により、ノルアドレナリン遊離を増加させる。 パロキセチンは、セロトニン再取り込..
  • 全体公開 2009/05/31
  • 閲覧(973)
  • 93回薬剤師国家試験問121
  • 93回問121 細胞膜に存在する受容体に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の刺激は、筋細胞内へのNa+流入を引き起こし、膜電位は脱分極側に変化する。 交感神経節後線維末端に存在するアドレナリンα2受容体の刺激は、サ..
  • 全体公開 2009/05/29
  • 閲覧(1,097)
  • 94回薬剤師国家試験問122
  • 94回問122  薬物(ア~エ)をイヌに静脈内投与した場合に観察される主な作用について、記述a~dとの対応で正しい組合せはどれか。 アドレナリンα1受容体直接刺激により血圧を上昇させる。 カテコールアミン遊離及びアドレナリンβ1受容体直接刺激により心拍出量を増大させる。 カテ..
  • 全体公開 2009/05/28
  • 閲覧(1,031)
  • 94回薬剤師国家試験問124
  • 94回問124  局所麻酔薬に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 触覚、温覚、痛覚の順に感覚が失われる。 リドカインの作用を持続させる目的で、アドレナリンのような血管収縮薬が併用される。 プロカインは、組織浸透性が低いので、表面麻酔には不適当である。 オキセ..
  • 全体公開 2009/05/28
  • 閲覧(1,298)
  • 85回薬剤師国家試験問122
  • 85回問122 次の薬理作用と薬物受容体・情報伝達系の対応について、正しいものの組合せはどれか。 薬理作用 薬物受容体・情報伝達系 a ドパミン塩酸塩の強心作用 アドレナリンβ1受容体刺激によるGsタンパク質の活性化 b クロニジン塩酸塩の降圧作用 アドレナリンα2受容体遮断による..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧(469)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?