津地鎮祭事件 最高裁

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数866
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    主    文
         原判決中上告人敗訴部分を破棄する。
         前項の部分につき、被上告人の控訴を棄却する。
         控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。
             
    理    由
     第一 上告代理人堀家嘉郎の上告理由第一点について
     本件訴状の記載に徴すれば、本訴は上告人であるA個人を被告として提起されたものと認められるから、
    本訴が津市長を被告として提起されたことを前提とする所論は、その前提を欠き、失当である。論旨は、採用
    することができない。
     第二 同上告理由第一点の追加補充について
     本件記録に徴すれば、被上告人が本訴を提起するについて必要とされる監査請求を経ていることは、明ら
    かである。原判決に所論の違法はなく、論旨は採用することができない。
     第三 上告代理人堀家嘉郎の上告理由第二点及び同樋口恒通の上告理由第四点について
     公金の支出が違法となるのは単にその支出自体が憲法八九条に違反する場合だけではなく、その支出の
    原因となる行為が憲法二〇条三項に違反し許されない場合の支出もまた、違法となることが明らかである。
    所論は、本件公金の支出が憲法八九条に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。