ものづくり

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数278
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【1】はじめに
    (1)ものづくりに至る着想
     「ものづくり」と聞いて、僕の中でまず大切にしたいと思ったことは、ただ単純に、見て面白いということ。子どもたちは面白いと思うことでなければ、なかなか興味を持ってくれないだろうし、そこから何かを学ぼうという気も起こらないだろう。
     次に、身近なものでつくれるということ。材料の用意があまりにも大変だったり、用意しにくいものであったりすると、授業で作っただけで終わってしまう。簡単に作れるけど、面白く、かつ、子どもたちがそれを自分のつくれるものとして、家で作ってみたり、応用したり出来るものを作ってほしいと思い、この題材を選んだ。
    (2)目的、児童に理解させたいこと
     まず、科学・ものづくりの楽しさを味わってもらう。
     次に、身の回りのあるものの中には、科学がたくさん詰まっているということを知り、特に今回のものづくりでは、「振り子」の原理が使われているので、その原理とはどのようなものなのかを理解してもらう。
     最後に、そのような身の回りの科学は、身近な材料を使ってつくれるということを体験してもらう。
    【2】具体的内容
    (1)材料
    ・牛乳パック ・工作用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。