少年と犯罪①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数152
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境歴史子ども情報社会非行少年学校犯罪保育

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    わが国における少年非行の特徴とその対策について述べよ
    1、はじめに
     少年非行、少年犯罪というと思いだすのが、17歳の男の子がおこしたバスジャック、学校で友だちを刺して死亡させてしまった小学生の女の子、神戸の連続児童殺傷事件などを思い出す。こうした事件が起きると、このごろの17歳は、14歳は、小学生は、と取り上げられ話題になっていた。保育所で仕事をしているので、このことを話題にし、こういう子どもにならないように私たちはどんなふうに子育てをしていったらいいかなど考えてきた。
     しかし、この科目を学習する中で、わが国の犯罪や非行が量的に変化してきているかと言うと疑問に思うことが多かった。今の子どもたちはキレやすい。犯罪も凶暴化しているという説もあるが、調べていくと、昔の犯罪件数が多いと感じることもある。ただ、質的に変化を感じる点もあった。
    ここでは、少年非行とは何かをまず述べた後、わが国の犯罪や非行の歴史と時代の推移について触れていく。そして、現在の非行や犯罪の状況と非行少年たちの処遇と関わる機関について述べ、少年非行を防ぐにはどうするべきか私が考えたことを纏めてみたい。
    2、少年非行につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。