①理科レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数138
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境発達生命生物進化エネルギー地球植物能力合成

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生命の誕生から動物・植物への分化、および進化について述べよ
    1、はじめに
     科学は日進月歩で進歩し、様々な説が出されている。ずっと研究が重ねられている。今、私たちが学習している生命の起源は、約38億年前の海の中で誕生したという考えである。ここでは、地球が誕生し、海の中に産まれた生命が進化し、動物と植物に分かれ、それぞれが独自の進化をしながら現在の地球の生命を作ってきた。どのような原因で、生命が誕生し、進化したかを述べていきたい。
    2、原始生命の誕生
     最初の生命誕生は地球誕生から8億年後と言われている。生命を構成する成分の起源説は、4つある。隕石から供給された説、大気中のメタンや二酸化炭素に放電が起こり作られた説、海の満ち引き時に汐だまりに生命のスープから泡が作られた説、そして、一番信憑性が高いのは、海底火山の噴出口付近の高温・高圧の環境の元で、メタンやアンモニアから硫化水素の還元でアミノ酸などの有機物が作り出されたという説である。
     原始生命は、一つの細胞でできた単細胞であった。大気中には紫外線が降り注がれていたので、光の当たらないところで過ごし、周りにある硫化水素などを分解していた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。