保育内容(表現)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数3,050
ダウンロード数20
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に述べよ。
    はじめに
    私たちは、日常生活の中で様々に表現しながら生活をしている。豊かに表現する力は、生まれてすぐには備わっていない。子どもは、人や物に出会い体験を重ねながら内面世界を豊かにし、表現できるようになっていく。大人に共感してもらい、受け止めてもらうことで表現する意欲を育んでいく。
    ここでは、領域「表現」のこれまでとこれからの課題をまとめ、現代社会で必要となる、保育者の具体的な役割や指導方法などのアイデアを考察していく。
    領域「表現」のこれまでについて
     平成元年の幼稚園教育要領の改訂と同2年の保育所保育指針の改訂で、領域「表現」が生まれた。それ以前は、6領域に分類がされていた。その中の「絵画制作」と「音楽リズム」の2領域が入れ替わるように「表現」が生まれた。しかし、新しい領域「表現」は、2つの古い領域を合わせたものではなく、新しい観点として理解することが必要である。
     平成元年以前も表現という言葉は、保育の世界で使われていた。が、捉え方は大変表面的で、主に幼児の文化活動という分野で多く使われ、テクニックの習得が重視された。子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。