カウンセリング演習課題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数125
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代人の生活とカウンセリングについて考え、カウンセリングがどうあるべきか述べよ。
    1,現代の社会状況とカウンセリングの必要性
     日本の社会状況は戦後大きく変化した。産業の中核が第一次産業から第二次・第三次産業に移ったのに伴い、都市に多くの人が集まり、地方の社会にみられる地縁・血縁関係に基づいた人のつながりは薄らいでいった。その影響で、家族の形態は大家族から核家族へと変化した。同時に、家族の絆を含めた人間関係の親密度も薄らぎ、相互コミュニケーションの機会が失われていった。そのため、多くの人々は孤立し、悩みやさまざまな問題があっても、それらを容易に相談できる地域社会の相手が見つからないという状況が生まれてきた。現代において悩み多き人々のためにカウンセリングが必要とされるのはまさにこうした点にある。欧米では以前から、個人がカウンセリングを受けることは当然のことであった。学校には専属のスクール・カウンセラーがおり、また一般的な企業にも専属の企業カウンセラーが配属されている。これに対して、かつての日本では、カウンセリングの必要性を論ずる以前にカウンセリングという言葉さえ知らない人が多かったのであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。