佛教大学 S0528 道徳教育の研究 A判定レポート&科目最終試験解答 80点合格

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数3,615
ダウンロード数796
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題レポート(A判定)と実施された問題6問(うち解答5問)のセットです。
    全体公開にしますのでどうぞご活用ください。
    ただし、最近は資料を整理しなおしているので急に消えるかもしれません、悪しからず。
    他のレポートに関してもこの科目のように章立てて記述しています。
    他の試験問題解答については、これと同じような字数で、教科によっては図表を作成して覚えやすいようにしています。
    これを活用してみて、使いやすいと思われましたら、他の資料にも食指を伸ばしてみてください。

    新年度5月~問題が変わる可能性があります。
    上記の内容とシラバスやお手持ちの試験問題を照らし合わせて確認をお願いいたします。

    【レポート課題】

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。

    【試験問題】

    1 道徳教育の意義について述べよ。

    2 人間にとって、道徳がなぜ必要なのかについて述べよ。

    3 「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。

    4 第2次世界大戦以前の道徳教育について述べよ。

    5 第2次世界大戦以後の道徳教育について述べよ。

    6 欧米の道徳教育思想について述べよ。(解答なし)

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。』
    第1章:「生きる力」の定義
     1996年7月に出された第15期中央教育審議会第一次答申「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」以来、「生きる力」の育成が学校教育の大きな目的となった。本リポートでは、まずこの「生きる力」とはいかなるものかを明確にし、その育成を図る際の留意点を考察した上で、さらに「生きる力」の核となる豊かな人間性を育む道徳教育及び道徳の時間の在り方についても考察していく。
     第15期中央教育審議会第一次答申は、時代を超えても変わらない価値のあるものを大切にする(不易)とともに、社会の変化に的確にかつ迅速に対応する(流行)教育を実現するために、「生きる力」の育成という新たな教育の目的を提示した。ここで提示した「生きる力」は具体的には、以下の3つに集約されている。
    自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力
    自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性
    逞しく生きるための健康や体力
    すなわち、「生きる力」とは、以上の3つの能力からな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。