自由再生

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,368
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験再生学習課題記憶材料方法研究自由再生

    代表キーワード

    実験自由再生

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自由再生における系列位置効果
      学科:
      学籍番号:
      学年:
      氏名:
      実験者名:
      被験者名:
      実験日時:
      実験場所:
    目的
     一定の刺激材料を同時(または継続に呈示し)その後記銘された材料の再生を求める方法を再生法(method of recall)という。そして、呈示順序を無視して再生を求める場合を、とくに自由再生法(method of free recall)といい、この方法による学習が自由再生学習(free recall learing)である。標準的な自由再生の研究では、ある試行においてある項目のセットが呈示されそれに続いて順序に関係なく項目を再生する直後再生が行われる。そしてその後、他の項目のセットが提示されて同様の再生が行われ、このように数試行から十数試行行われる。
     この研究法では項目が呈示される入力の順序といろいろな入力のけ系列位置の項目が再生される確率との関係が重要である。
     自由再生法の課題において、直後再生条件と30秒間の挿入課題の後再生させる延滞再生条件を設定し、項目が呈示される入力の順序といろいろな系列位置の項目が再生されるか来る地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。