行政法  第3課題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数373
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート

    『行政行為に裁量が認められるとき、これが違法に行われなくするためには、どのような観点に注意しなければならないか。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政法 第3課題
    『行政行為に裁量が認められるとき、これが違法に行われなくするためには、どのような観点に注意しなければならないか。』
    1、裁量とは
     法治行政の原理の下では、行政行為を含め全ての行政活動は法律の拘束を受ける。したがって、その行政権を規律する法律はできるだけ厳格であることが望ましい。しかし、行政活動には専門的技術対応や将来的予測などをも含んだ決定も対象であり、社会の実状に合わせた臨機応変な対応が求められることから、法律の文言を抽象的なものとして、行政権の判断や行動の余地を認めざるを得ない場合もある。そのような場合を「裁量」が認められているという。換言すれば、行政裁量とは、法によって行政機関に与えられた判断や意思形成の余地のことである。
     従来は、行政行為を覊束行為と裁量行為とに分け、さらに裁量行為を覊束裁量(法規裁量)と便宜裁量(自由裁量)に分けて、前者は何が法であるかの裁量なので誤れば違法が生じるため司法判断が及ぶが後者は合目的性の判断についての裁量なのでそれを誤っても直ちに違法とはならないため司法審査は及ばないという説明がされていた。しかし、現行制度の下では、裁量が認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。