第10回:因果関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数177
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                          
     第10回  レポート課題     「因果関係」
    ケース
     Aは殺意を持って、Xを深夜の公園で二時間以上に及ぶ激しい暴行を加えた後、場所をマンションに移し、約45分間断続的に同様の暴行を加えた。XはAの隙をみて、靴下履きのまま逃走したが、約10分後、マンションから約800m離れた高速道路に進入し、そこで交通事故に遭い死亡した。このとき、Aには殺人罪・殺人未遂罪のどちらが成立するか。
     はじめに、Xが死亡に至った直接的な原因は、マンションから逃走した後にⅩ自身が進入した高速道路内での交通事故である。つまり、Xの死因には、Aによる暴行は入らないと考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。