【佛教大学通信教育部】教育社会学(第一設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数347
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「学歴社会とは何かを明らかにし高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。」
    まず、学歴社会とは、「社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。「学校はどこなのか?」、「最終学歴は?」などといった、イメージから生まれるブランド的な学歴の感情的な議論の交わされる社会であり、「学歴社会は崩壊した」という声が聞かれる反面、まだまだ根強く残っているのもまた事実である。
    では、具体的には学力がどのように評価されるのか?
    学歴がその人の知識や技術・技能の水準を表すとは考えず、学校での教育内容(学習歴)よりも学歴(学校歴)が大事であるとする【スクリーニング仮説】という一つの学歴評価のパターンがある。そのほかにも、学歴評価のパターンとして【漠然とした社会的評価】や【ブランドとしての大学】、【人的資本論】や【統計的差別理論】などがある。
    【スクリーニング仮説】とは、経済学者L.C.サロウの経済学的な学説であり、学校での教育内容(学習歴)はどうでもよく、学歴(学校歴)は大事であるという考え方である。なぜなら学校..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。