聖徳大学 精神看護 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数160
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳通信健康養護子供

    代表キーワード

    聖徳大学精神看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     学童期は、これまでの家族中心の生活から集団生活を学んでいく時期である。この時期には、学校生活を通じて、集団において一定の役割を担っていくことを学んでいくことが望ましい。しかし、さまざまなことが原因となって(学校・家庭・学童本人などの問題)、不登校をきたすことがある。不登校とは、「年間30日以上、何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にあること(ただし、病気や経済的な理由によるものを除く)(文部科学省基準)」である。2004年(平成16)年の児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(文部科..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。