同和教育(1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数198
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    S0536  人権(同和)教育  第1設題(1)
    『50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を論述すること』 評価C

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)
    教育実践のあり方を論述すること』
     同和教育とは同和問題の解決を目指す教育活動である。その内容として以下の二つに大きく大別できる。一つ目は同和地区の人々を対象にした教育活動、すなわち教育上における格差是正と自立の促進に重点を置いた特別政策。二つ目はすべての人々を対象にした教育活動、つまり同和問題に対する正確な理解と認識を促す学習活動である。
     今日の日本社会においても、同和地区に対する偏見や差別意識が未だ残っており、真の意味での「民主主義」が日本社会のうちに成立していないと言わざるをえない。こうしたことから、同和問題について考える同和教育が今もなお必要なのである。
     学校における同和教育とは、人間形成の時期にある児童に対して同和問題に対する正しい理解と認識を深めさせ、今もなお社会に残る不合理な部落差別を許さない人権尊重の確立を図り、人権尊重の精神を育むことである。しかし、同和教育を展開していく際にいくつかの留意点がある。というのも、そうした点を明確にしておかなければ、同和教育に対して無用の混乱が生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。