01.ボルダの振り子

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数744
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    理系

    代表キーワード

    理系

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.目的
    ボルダの振り子によって、重力加速度gを測定する。
    2.理論
    実体振り子の周期は、振幅が充分小さい場合、
    Mは振り子の質量、hは振り子の支点から重心までの距離、Iは振り子の支店まわりの慣性モーメントである。支店から金属中心までの距離を、金属球の質量を、半径をRとすると、この金属球の支点に関する慣性モーメントは、平行軸の定理から、
    この慣性モーメントは金属球の中心を通る軸まわりのものである。振り子全体の周期と三角エッジ部分の周期を等しくなるように調節しているので、(1)と(2)から
    とすると、T、、R測定することによって、重力加速度gを求めることができる。
    3.実験方法
    (ⅰ) U字型の支持台を水平に調整する。その後、三角エッジ部を正しくのせる。
    (ⅱ) 金属球の直径軸と光電スイッチを調節する。
    (ⅲ) その後、振り子を右側に振らせ、金属球を電磁石に吸着させ、静止状態とは逆に金属球直径軸上の左側端にあたるようにする。
    (ⅳ) 手順(ⅲ)に戻り、振り子をスタートさせ、[RESET]を押す。約10秒間の計測ごとに切り替わるので、連続3回記録し、手順(ⅲ)に戻る。周期測定として10回繰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。