ワーク2レポ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数28
閲覧数112
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    化学物理

    代表キーワード

    化学物理ワーク

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    1.目的
    2. 方法
    3.濾過装置
    4.サーモとヒーター
    5.デジタル温度計
    6.蛍光灯
    7.デジタルpH測定器
    8.餌やり器
    9.多機能タイマー
    10.完成品
    11.熱帯魚について
    12.感想
    13.後輩へのアドバイス
     
    1.目的
     私の班の目的は表紙にも書いてあるとおり、熱帯魚を人間の手を使わずにして、気にかけもせずにいて、居なくても正常な環境で熱帯魚を飼育することが目的です。ペットや熱帯魚というのは飼育が大変なもので、一日も手を放すことが出来ません。旅行に行くときとかは人に頼むということも出来ますが、迷惑がかかってしまいます。そんな事に困らないように、熱帯魚が死なないように、飼育の自動化を図ります。でも、熱帯魚が生きていけるだけの環境では駄目です。というのは、熱帯魚は生きています。熱帯魚だって不快な環境での生活はいやだと思います。ゆえに、ただ単に生活できるだけではなく、自動で住みよい環境を熱帯魚に提供し、人が見ても不快にならないような外観を形成することが目的です。とはいえ、少しは人の手を借りてしまうことになりますが。
    2.方法
     具体的に、どういう風にして、飼育を自動化す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。