算数科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数168
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「算数科の目標について研究せよ。」
    「教育評価について研究せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「算数科の目標について研究せよ。」
     学習指導要領の改訂に伴い、算数科の改善の基本方針は、①「小学校、中学校および高等学校を通じ・数量や図形についての基本的・基礎的な知識・技能を習得し、それを基にして多面的に物を見る力や論理的に考える力など創造性の基礎を培うとともに、自称を数理的に考察し、処理することの良さを知り、自ら進んでそれらを活用しようとする態度を育てる。 ②そのために、実生活におけるさまざまな事象との関連を考慮しつつ、ゆとりを持って自ら課題を見つけ、主体的に問題を解決する活動を通して、学ぶことの楽しさや充実感を味わいながら学習を進めることができることを重視して、内容の改善を図る。」とし
    ている。
     具体的には、教育内容を厳選し、児童がゆとりを持って学ぶことの楽しさを味わいながら数量や図形についての作業的・体験的な算数的活動に取り組めるように、また、数量や図形についての意味を理解し考える力を高め、それらを活用していけるように考えられている。とくに基礎的、基本的な知識と技能は繰り返し学習し、小学校以後の学習の基礎を確実に身につける必要がある。
    以上から、算数科は数学的知識にとらわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。