教育方法学①②B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数117
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「教授の構造原理と機能原理の教授過程
      の構成(計画、実行、評価)にとっての
      その意義について述べなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「教授の構造原理と機能原理の教授過程
      の構成(計画、実行、評価)にとっての
      その意義について述べなさい
     教授過程とは、教えるものと、学ぶものの相互作用によって特徴づけられており、その際に学ぶものの活動は広義の習得過程としてとらえられ、また、教師の活動は指導活動として把握されている。そうして教師は一般的に学校において、社会により信託と委託された自身の人的資源と、物的資源を用いて諸機能を履行する。それにふさわしい教授の構成にとって重要な5つの一般的構造原理を挙げることが出来る。この原理をふまえて、理想的な教授を実現させるためには、どのような点に留意が必要なのか考えてみたい。
     一般的原理の1つめは、「教授の基礎づけにおける教授学的指導と生徒の自主的統一の原理」、2つめは、「生徒人格への個別的取り扱いと教授の構成における集団での相互豊富化の統一の原理」、3つめは「教授の構成における統一性と相違性の統一の原理」4つめは「陶冶と訓育の統一の原理と教授における、その基本的実現可能性」そして5つめとして
    「教授の構成における生活と教育の統一の原理とその実現」が挙げられ、これらが実現され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。