コミュニケーション・環境・ヘルスアセスメント、事前学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数558
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コミュニケーション
    ◇コミュニケーションの要素
    コミュニケーションの基本原理
    1.相互行為の過程
    2.意識レベルと無意識レベルの両方で成立
    3.不可逆的
    4.組織的
    5.適応の性格を有する
    ◇コミュニケーションの種類
    ・言語的コミュニケーション(音声、筆談、図)
    ・非言語的コミュニケーション
    1.準言語
     声の音、大きさ、沈黙と間
    2.身体動作
     姿勢、身ぶり、表情、アイコンタクト
    3.身体接触
     タッチング
    4.空間行動
     対人距離
     ①密接距離…片手で届くぐらい
     ②個体距離
     ③社会距離…一般に3m
     ④公衆距離                     パーソナルスペース
     
    看護者と患者との間で交わされるコミュニケーションには社交的コミュニケーションと専門的コミュニケーションがある。前者は日常的な会話で話される内容で、表面的な事柄が多く、お互いの深層心理をさらけ出すものではない。後者は心配事や感情に焦点が当てられ、非常に個人的な内容であることが多い。対象者から情報を得るためにはこの2つのタイプの質問法がある。
    開かれた質問…対象者に自由に語ってもらえるような質問方法である
    閉じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。