食事介助 事前学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数330
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食事介助
    目的
    ・必要な栄養や水分を摂取する
    ・できるだけ食に対する満足度を得られるようにする
    ・食事行動の自立に向けての残存機能を維持、または拡大し意欲を持たせる
    ・安全に且つ安楽に食事摂取が行える
    環境の整備
    ①適切な室温、換気、採光を保ち騒音を避ける
    ②オーバーテーブルや床頭台の上を片付ける
    ③食欲が落ちないように排泄器具(尿器、ポータブルトイレ等)は適切な場所に設置する
    ④大部屋で重症患者や処置中の患者がいる場合にはカーテンを閉める
    ⑤患者の好みによっては音楽を流す
    ⑥看護師は手洗いを済ませておく
    患者の準備
    ①排泄を済ませておく
    ②患者によっては義歯を装着する
    ③患者に食事の時間であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。