行政から見たワンストップサービスにおける問題点

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数814
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    行政からみたワンストップサービスにおける問題点
    ワンストップサービスという言葉が使われはじめて、久しくなる。ワンストップサービスが誰にも有用であることは今更言うまでもない。ただ、このサービスを実施するにおける問題点を、今回は行政の視点で挙げてみた。権利だけ主張するのではなく、受ける立場の問題点も考えてみることは必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政からみたワンストップサービスにおける問題点
    ワンストップサービスという言葉が使われはじめて、久しくなる。ワンストップサービスが誰にも有用であることは今更言うまでもない。ただ、このサービスを実施するにおける問題点を、今回は行政の視点で挙げてみた。権利だけ主張するのではなく、受ける立場の問題点も考えてみることは必要である。
    ワンストップサービスとは、一度の手続きで、必要とする関連作業をすべて完了させられるようなサービス。特に、様々な行政手続きをいっぺんに行こなえるワンストップ行政サービスのことを指す場合が多いようである。
     ワンストップサービスセンターの設置と整備
     まずワンストップサービスをおこなうため、その場所を確保する必要がある。
    当然ながら、行政を行う県庁、市町村などのお役所であるか賃貸による新たな場所がなければ、相談申請をしたい人がどこに行けばいいのか迷うこととなる。
    この問題を解決するため、
    経費の捻出
    場所の確保
    センターに配置する職員の確保
    次にセンターでおこなう業務内容として
    雇用相談コーナー
    就職サポートセンター
    カウンセリング
    訓練・研修、職業紹介
    最低でも以上の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。