中央大学通信教育部法学部「商法(商行為法)」合格レポート2011年第1課題第2課題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数296
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
    〔設問1〕
     商法上の商事売買規定の特色を簡潔に指摘しなさい。
    〔設問2〕
     衣料品の販売を営むA株式会社は、平成21年4月30日、衣料品の製造を営むB株式会社から、衣料品(以下「本件衣料品」という。)を購入し、同日、B社から、本件衣料品の納入を受けた。A社は、同日、その代金の支払のために、満期を同年6月30日、受取人をB社とする約束手形を振り出した。A社は、平成21年6月下旬ころ、本件衣料品を購入した消費者からの苦情により、本件衣料品が染色ムラや裁縫不良により販売に適さない商品であることを知った。A社は、直ちに、B社にその旨を通知するとともに、本件衣料品の販売を中止して、購入者から本件衣料品を回収した。A社は、B社との本件衣料品の売買契約を解除することができるか。 
    第2課題
    〔設問1〕
     商法上の問屋の意義を述べ、加えて、問屋をめぐる法律関係を簡潔に説明しなさい。
    〔設問2〕
     XはA証券会社に有価証券の買入委託を行い、A社はこれにもとづきBの所有する有価証券を買い入れた。ところが、A社は当該有価証券をXに引き渡す前に倒産し、A社に対して破産手続開始の決定がなされ、破産管..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。