教育カウンセリング論

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数334
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における教育カウンセリングである学校カウンセリングは、カウンセリングの一種であるものの、あくまで教育活動の一環である。この学校カウンセリングの意義・目的は、以下のように要約できる。①一人ひとりの生徒の学業、環境への適応などについて、解決・指導・助言・援助を行う。②集団活動・対人関係を通して、望ましいパーソナリティーの育成、人間形成の達成を図る。③一人ひとりの資質や適性の発見・開発を図り、将来必要とされる市民生活への適応への準備を指導する。④生徒本人の教育指導をめぐって、その親・教師・学校管理者などに対し助言・指導・援助を行う。
    このような学校カウンセリングが、現代、必要とされるようになった背景・要因は、大きく分けて五点考えられる。第一は、教育の目的の変化である。かつてまでは教育=勉学、つまり必要な知識や技術を詰め込むことだと考えられていた。ただ現在は、教育=人間形成に関連する様々な活動であると考えられている。となると、学校カウンセリングはまさに、人間形成という幅広い教育活動の中で、必要不可欠な存在となりえた。第二は、現代社会生活の欠陥である。以前であれば地域のコミュニティが子育てに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。