日本の社会保障制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数29
閲覧数496
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の社会保障制度
                  
    社会保障のしくみ
    社会保障とは、国が国民の生活を助ける制度のことである。
                  
                 
    日本国憲法では憲法25条(生存権)で、国民が「健康で文化的な最低限度の生活」ができることを約束している。
     社会保障の種類
       社会保障の種類 
      社会保険(労災、失業、医療、年金、介護など)
     
      公的扶助
     
      社会福祉  
     
      公衆衛生 などから構成されている。
     
    社会保険とは
     社会保険は、社会保障の中心である。
     国民が貧しくなる前に、国民があらかじめ保
     険料を支払い、いざという時に国がその貧し
     い状況になった人に、そのお金を支払い、国
     民の生活をサポートする。
    公的扶助とは
    公的扶助とは、国が税金から、生活が貧しい人
    に、最低限度の生活ができるように助けること
    である。内容については、「生活保護法」という
    法律で定められている。
    社会福祉とは
    障害者や子ども、お年寄りが生活できるように助けることである。
    障害者やお年寄りが、一般の人と同じように生活ができるようにする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。