公衆衛生学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数452
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地球温暖化、生活習慣病、保健所の業務、公害、百日咳について各1600字程度で書いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、地球環境問題における最大の課題である「地球温暖化」対策について
    地球温暖化とは地球全体の平均気温が上昇する現象である。地球には太陽の光がふり注ぎ地球の表面を温めている。逆に地球も熱を宇宙に放出している。地球の大気中には地球から出ていく熱の一部を吸収し、地球を温室のように温かく保つ働きをする温室効果ガスが少量含まれている。温室効果ガスの働きによって地球は生物の生活に適した平均14℃くらいの温度に保たれている。温室効果ガスは二酸化炭素、メタン、フロン、亜鉛化窒素などで構成されている。近年、特に二酸化炭素が増加したことにより大気中に熱がこもり、地球全体の平均気温が急激に上がり続けている。二酸化炭素が増加している大きな原因は薪炭などの自然燃料から化学燃料へとエネルギー源が変化したことにある。18世紀半ばの産業革命で動力として石炭、石油、天然ガスなどの化学燃料が使われるようになり、19世紀、20世紀では世界中でこれらの燃料を燃やして大量のエネルギーを得るようになり、大気中の二酸化炭素はこれまでにない勢いで増加している。私たちは、便利な生活と引き換えに二酸化炭素を大量に排出し、地球温暖化を悪化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。