図書館が身近な地域の人々にサービスする意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数526
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    前回のレポートで、図書館は利用者に対して様々なサービスを行っている事を学んだ。ここでは、図書館が身近な地域の人々にサービスをする意義とは何か考えていきたい。
    図書館が地域の人々にとって身近な存在になると、様々な利点がある。考えられるのは以下のような点である。①日常生活または仕事のために必要な情報、知識を得る。②関心のある分野について学習する。③政治的、社会的な問題などに対するさまざまな思想、見解に接し、自分の考えを決める糧にする。④自らの住む地域における行政、教育、文化、産業などの課題解決に役立つ資料に接し、情報を得る。⑤各自の趣味を伸ばし、生活にくつろぎとうるおいをもたらす。⑥子どもたちは、読書習慣を培い、本を読む楽しさを知り、想像力を豊かにする。⑦講演会、読書会、観賞会、展示会などに参加し、文化的な生活を楽しむ。⑧人との出会い、語り合い、交流が行われ、地域文化の創造に参画する。(注1)図書館が単に「本の貸出」業務を行うだけの場所ではなく、もっと地域住民の生活に密着したサービスが必要である。各地域の図書館は、様々な住民の要求に対して、情報提供を行う施設であるか、急速に発達している情報..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。