現代社会と福祉1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数753
ダウンロード数68
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    社会福祉法
    わが国における社会福祉サービスの基礎をなす法律であり、1951年に社会福祉事業法として制定され、2000年に社会福祉法として施行された。2000年の改正においては、社会状況の変容を受けた社会福祉基礎構造改革にて大幅な改正が行われている。
    社会福祉の目的や理念、減速などを盛り込み、社会福祉事業の範囲や社会福祉協議会、福祉事務所、社会福祉主事、社会福祉法人等の社会福祉の基礎構造に関する規定が定められている。
    福祉サービスにおいて個人の尊厳の保持を旨とし、利用者が良質かつ適切なサービスが受けられることを目的に規定されている。
    ベヴァリッジ報告
    イギリスにおいて、国民健康保険制度などの検討に基づき、1942年にウイリアム・ベヴァリッジによって報告されたもの。
    その中で示された「勧告の三つの指導原則」において、国民生活を脅かす5つの要因として窮乏・疾病・無知・不潔・無為をあげ、それに対応する施策として、所得保障・教育・保険・住宅政策・雇用政策を想定している。
    また、社会保障は国と個人の協力によって達成されるべきものであるとし、国家はサービスと拠出のための保障を与え、国民の自発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。