権利擁護と成年後見制度

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数560
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    生存権(憲法)
    生存権とは社会権の一つであり、人間が人たるに値する生活に必要な一定の待遇を要求する権利を差す。
    日本国憲法第25条第1項において「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定されている。
    また、第2項は「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と規定し、生存権を含む社会権の実現のための福祉国家を宣言している。
    司法権の独立(憲法)
    国家権力の三権のうち、司法権を政治性の強い立法権・行政権と明確に分離し、裁判官の職権の独立と身分保障を認めたもので、職権の独立は日本国憲法第76条第3項におい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。