社会調査の基礎

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数3,195
ダウンロード数79
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    量的調査
    調査対象の集団から、ある規模のデータを集め、その集めたデータから元の調査対象の集団の性質を統計学的に探る調査。
    統計的社会調査とも呼ばれ、統計学の手法に基づいて実施・分析される。
    質的調査と比較して、費用・時間的なコストが比較的少なく済み、社会的な現実を数値データとして示すため、データには客観性があり、全体が把握しやすい特徴がある。
    質的調査
    言語によって記述された質的データの分析を通して、現象の記述、仮説生成あるいはモデル生成を目的とする調査。
    事例的社会調査とも呼ばれ、インタビュー、アンケートの自由記述、観察記録などの手法で実施される。
    量的調査のように数値データで客観的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。