臨床心理学のおける代表的理論について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数251
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床心理学における代表的理論である精神分析学(フロイト)、クライアント中心療法(ロジャーズ)そして、認知行動療法(ベック)の3つの方法について述べていく。
    精神分析学は、人間には無意識の過程が存在し、人の行動は無意識によって左右されるという基本的な仮説に基づいている。フロイトは、ヒステリーの治療に当たる中で、人は欲求や願望、意識することが苦痛であるような心的外傷(トラウマ)など欲望を無意識に抑圧することがあり、それが形を変え神経症の症状などの形で表現の道筋を見つけ意識されると考え、無意識領域に抑圧された葛藤などの内容を夢、錯誤行為あるいは失錯行為及び神経症状と言われる心身症状に表面化させて、本人が意識することによって症状が解消しうるという治療仮説を立てた。フロイトはまた人の心を、イド-自我-超自我の三層に分化し心理構造の理解を開発していった。イドとは、心の活動の根源とされる性的な本能エネルギー(Libido)とし、快楽原理に従って欲望を現実的に充足させるために合理化する働きをする。自我とは、人間の精神構造における知的な層で現実原理に従っている。超自我とは、社会的規範、道徳的規範、良心や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。