451 教育方法学Ⅰ 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数161
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、教材研究と学習指導案の関係とそれぞれの役割について検討しなさい。
    2、次の事項について、それぞれ調べなさい。
    (1)絶対評価 (2)生きる力 (3)生活綴方

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、授業を行うためには目標と計画を立てる必要がある。「何をできるようにさせたいのか」「どのような変化を起こさせたいのか」という目標を立てることで、方向性のある授業を計画し、進めることができる。
    学習者の学ぼうという姿勢へと導くのは、面白く興味をひかれると思う授業である。そのような授業を行うためには何が必要か―教材研究である。教材研究とは教材に関するすべての研究活動であり、資料を集め教材を発掘し、選択しながら本質を見極め、そして学習者の環境や発達に即して授業を構想することである。
    教材研究で初めに求められるのが、目標に達するのに有益と思われる素材の収集である。教育的価値が高く、学習者にとって有意義なものを選択する。これは必要に迫られたときに行うのではなく、常に意識しているのが望ましい。次に、どの素材を教材として扱うか精選する。具体的には子どもが面白いと感じ、予想を覆す可能性があるもの、学習者自身で追求が可能なもの、ある程度の期間継続的に展開することが大切である。
    扱う教材が決まったら、学習者の環境や発達を考慮し、教材をどのように掲示するのか、発問や板書はどうするのか、それらに対する学習者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。