成年後見制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数738
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    成年後見制度について概要を述べよ。(約3000文字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「成年後見制度について」
    はじめに
    2000年の民法の改正と共に新しく成年後見制度が導入された。急速な少子高齢化時代の到の来と共に高齢者を中心に成年後見制度への期待と需要も高まりつつある。そこで成年後見制度の概要についてまとめていく。
    成年後見制度導入の背景
     2000年の民法の改正は比較的大きな制度変更であった。従来判断能力の低下した者は禁治産者や準禁治産者として扱われることになっていた。これらの制度はかなり強力な能力制限が加わる他、名称も無能力者と呼ばれれ戸籍に記載されてしまうなど人権上の問題があり使いにくく制度を利用する者は少なかった。
     2000年は福祉の分野でも大きな制度改正があった。介護保険制度である。「措置から契約へ」のスローガンに代表されるようにこれまでとはシステムががらりと変わる大きな変革であった。それまで福祉は行政が行政処分として行う措置制度であり、利用できるサービスや内容、サービス提供事業者などは行政機関が決定したため利用者の自由はなかった。介護保険法では利用者は事業者と対等の立場としてサービスの利用契約を直接結ぶ関係となり、これまでのように上から守ってもらう弱者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。