福祉サービスにおける「措置方式」から「契約方式」への転換について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,848
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「措置方式」と「契約方式」についてそれぞれ整理し、今日の福祉サービスの利用の特徴や課題について述べる(1200字)※A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本稿では福祉サービスの利用に関する考え方のうち「措置方式」
    と「契約方式」の特徴について概観し、契約方式の問題点を克服し
    つつ利点を生かす方策について述べたい。
    措置方式とは福祉サービスの提供を行政が行政処分として行う方
    式であり、必要性の可否、内容、提供機関などの決定は職権として
    行われる。措置方式では利用にあたっての心理的抵抗、スティグマ
    が存在しやすいこと、福祉サービスを必要とする者の意思や希望な
    どが反映されにくく自由が無いという点、パターナリズムに陥りや
    すく利用者は対等でないため苦情や不満などを表明しにくいなどの
    問題点があり、利用者本人の権利を守る方式とは言えなかった。
    一方、契..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。