中央大学 通信教育 法学部 2011年度 憲法 第2課題 合格レポート 評価「B」

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,073
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    憲法第2課題
    取材・報道に関わる者は、取材の自由を確保するために必要なものとして、取材源に係わる証言拒絶権の社会的価値を強調する。この点に関する最高裁判所の判例(昭和27年8月6日大法廷判決・平成18年10月3日第三小法廷決定)を紹介し、これを論評せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法第2課題
    取材・報道に関わる者は、取材の自由を確保するために必要なものとして、取材源に係
    わる証言拒絶権の社会的価値を強調する。この点に関する最高裁判所の判例(昭和27年
    8月6日大法廷判決・平成18年10月3日第三小法廷決定)を紹介し、これを論評せよ。
    最高裁判所の判例(昭和27年8月6日大法廷判決)は、別名「石井記者事件」とも言
    われ、
    刑事事件における取材源秘匿特権を否定した判例
    である。以下、当該事件の概要を
    紹介する。
    石井記者
    事件
    は、

    収賄事件についての逮捕状記載事実がその執行直後に朝日新聞に
    掲載
    され、逮捕状に関係した公務員職員の誰かが記載
    事実を漏洩した
    のではという疑いがもた

    捜査が開始され
    、同紙の担当記者
    Xが裁判所に召喚され
    取材源に関する証言を求められ
    たが

    これを


    取材源秘匿を理由として
    拒み、
    刑訴法161条の証言拒絶罪で起訴され、
    第1審、第2審とも
    有罪とされたXは、
    医師等の証言拒絶権を定めた刑事訴訟法149条
    が新聞記者の取材源秘匿
    に類推適用されるべきであるから、これを理由として証言を拒絶
    する場合は、刑訴法161条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。