中央大学 通信教育 法学部 2011年度 憲法 第4課題 合格レポート 評価「B」

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数992
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    憲法第4課題
    いわゆる租税法律主義(憲法84条)は国民健康保険料にも適用されるか、最高裁判所大法廷判決(平成18年3月1日)を参照した上、検討せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法第4課題
    いわゆる租税法律主
    義(憲法84条)は国民健康保険料にも適用されるか、最高
    裁判所

    法廷判決(平成18年3月1日)を参照し

    上、検討せよ。
    結論から述べると、
    「強制加入、徴収の
    国民健康保険料
    は税金に似ており、租税法律主義
    (憲法84条)
    の趣旨が及
    び適用され得る


    この理由として、最高裁
    判所大法廷判決(平成18年3月1日
    )(以下、「旭川市国民健
    康保険条例事件」という
    )では、「
    保険料は、保険給付を受ける事に対する反対給付であり、
    「租税」にはあたらず
    租税法律主義
    が直接
    適用される事はない」としているが、

    保険料方
    式であっても、強制加入とされ、保険料が強制徴収され、賦課徴収の強制の度合いにおい
    ては租税に類似する性質をもつので、憲法
    84
    条の趣旨が及ぶと解すべきである。
    」と判示
    している。
    では、
    なぜ、直接適用されないのか、そして
    直接適用されないとして、租税法律主義の
    効力は全く及ばないのか、
    について当該旭川市国民健康保険条例事件を参照して検討する。
    以下

    簡単に
    当該事件の概要につい
    て説明する。

    該事件は、

    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。