07804 学校制度と社会 第2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数202
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    学校教育の「選抜・配置機能」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①学校教育の「選抜・配置機能」について
     
    学校教育は、社会成員の選抜・配置機能を有している。明治時代以前は、学校教育は社会的・
    経済的地位を表す象徴的なものであった。明治時代に、義務教育制度が発足してから小学校就
    学率が上昇すると、学校が子どもの選別を決定する必要ができたため、その選抜機能が果たされ
    るようになる。
     
    第二次世界大戦後に社会は平等化が進み国民の所得水準が上昇してい
    くと、
    それにともない、
    進学率も上昇していき、高校進学率は1975年には90%にまで及んだ。これにより、学校は日本
    の産業化・近代化の推進に決定的な役割を果たした。工業や商業は学校教育をていることが
    られ、小学校教育をることが上校進学となり、上校の職
    業にがるという学校とがをとなった。
     
    こうして社会は、子どもをの年でにるに配置する役割を学校にることと
    なったのである。そのため学校は、国民に学校教育の機会を等しくし、その能
    することによって、選抜・配置機能をてきた。
     
    また

    選抜・配置機能の果たすニズムとは、いわである。高校進学に
    より、戦後はのとがこの戦するようになった。
    そして、このこと以も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。