福祉援助の現場と福祉計画の関係について(A判定・2034文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数268
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    市町村地域福祉計画 地域自立支援協議会 地域福祉 進行管理 障害者自立支援法 社会福祉士

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉援助の現場と福祉計画の関係について述べたいと思う。まず、福祉計画とその実施推進の役割を担う地域自立支援協議会の概要について触れておく。市町村地域福祉計画は、2000年に制定された社会福祉法によって、策定の規定が提唱された。策定の義務づけとはなってないが、地域福祉の推進にとって不可欠な行政ツールである。策定指針が、2002年に「市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画策定指針の在り方について」として、社会保障審議会福祉部会によって示された。地域住民が計画の策定主体となるため、一人ひとりの地域住民に問いかけ、生活者の視点から地域の特性を活かした地域福祉の推進についての活発な議論が行われるための場づくり・情報提供の戦略が必要といえる。
    障害者自立支援法によって、市町村に、障害福祉計画に加えて、事業の円滑な実施に向けた地域自立支援協議会の設置が義務化された。それは、福祉計画の実施過程で、計画が想定どおりに進まない状況が生じた場合に、その問題を発見し、情報を共有し、公私で解決を目指す基盤となる常設の協議組織である。2010年の法改正では、相談支援体制の強化の一環として、自立支援協議会は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。