社会福祉実習 相談援助実習 礼状・様式 例

閲覧数22,860
ダウンロード数61
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 全体公開

    資料紹介

    資料の原本内容

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    社会福祉実習の実習先へのお礼状の例文です。
    障害者施設(作業系・就労継続支援系)用です。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    ●●法人●●●●●(法人・団体名)
    ●●(役職名) ●● ●●様
    拝啓 時下、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
    先頃の実習におきまして、お忙しい中、親切丁寧に温かくご指導を頂きありがとうございました。
    実習中は至らない点が多く、何かとご迷惑をおかけいたしました。
    学校の勉強では決して学ぶことのできない貴重な経験をさせていただきました。
    ●●障害を持っておられる方々と、一緒に作業やその他の時間を共に過ごすことで、
    ●●障害という障害は一言では語れない、その人の数だけの傾向や特徴があることを知りました。
    時にそれは、障害ではなく個性なのではないかと感じることもありました。
    作業の方法を伝えようとする時、一度伝えてみて難しいようであれば、説明方法を変えて、
    試行錯誤を繰り返し、その作業を利用者さんができるようになった時は本当に嬉しかったです。
    実習に来て、様々なことを利用者さんからも教えて頂きました。
    また、仕事のあることや、居場所のあることが、人にとっていかに重要かを知り、
    私自身の人生観・生活観を見直すきっかけにもなりました。
    実習簿への指導や私の質問にも丁寧に答えて下さり、充実した●日間でした。
    今後、実習での経験を生かし、●●障害者の支援に携わる仕事への就職を目指し、
    これからの勉強を頑張っていきたいと思っております。
    本当に、ありがとうございました。
    末筆ながら、皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。
    敬具
      ●●年●月●日
                               ●●●学校●●●学科
                                    ●● ●●

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。